FC2ブログ

プロフィール

ドロン

Author:ドロン
・好きなこと・・・ニュース、ちょっとマニアなこと
・このブログでは、ニュースサイトにするか、懸賞系サイトにしようか悩みながら少しずつとりあえず作っていきます。
トップの画像は、見にくいけど今は亡きWTC内のレストランからの夜景です。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

キーワードアドバイス

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス

サイトマップラス
Powered by SEO

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水没携帯から携帯買換えました。W52H




★au W52H★


私はDDIの頃から使ってるAUユーザーなのですが、だいたい2~3年に一度位のペースで買換えております。
買換え前はA5406CAというカシオのカメラが300万画素のやつをずっと使っておりました。
結構気に入ってたので、別にずっと使っててもよかったのですが、昨年に水没事件があったのでいつお亡くなりになるかわからないということで買換えました。
水没事件というのは・・・
昨年の冬に流した後のトイレにボトンっと落としてしまい、すぐに取り上げた所普通に動いてたので「大丈夫か・・・?」とそのままにしていたら変な音がなり電源が落ちました。
ショートしたかな?と電池だけは抜いておいた方がよいだろうとはずしておきました。
外にでかけてたので家に帰ってからネットで水没に関して調べました。
あまりひどくなければ復活させてくれるところとかもあるようですので、水没された方はそういう会社を探してみてください。
水没は基本的にメーカー保証が効かないと思っておいてください。

とにかく携帯電話を水没させたときの注意事項は覚えておいた方がよいでしょう。

下記にまとめると・・・
●まず、電源を切って電池をはずす。
とにかくショートするとやっかいです。
電源は完全に乾燥させるまでは絶対に入れないこと。
機種によって色々ですが、水没すると電池の下にピンクの模様があってそれが消えたりにじんだりしてるとメーカー保証対象外になるようです。
私の場合電池の方には水は入っておらず、液晶側とminiSDスロットに水が入ってました。

●とにかく早めに乾燥させる。
まず携帯の開けられるところは開けてみる。
携帯って見えるところにはほとんどネジが見えないようになってます。
ネジは特殊なベンツマークの形のネジです。





ホームセンター等で売ってます。100円ショップにある場合があるということで探しましたが近所にはなかったのでホームセンターで1本500円くらいで買いました。
耳をあてる所などは接着剤でつけてるだけなのでドライヤーで温めていると剥がれやすくなります。
意外とそういうところは多いです。
乾燥させるため一時的に取れるなら取った方がいいでしょう。

ドライヤーで携帯が熱くなりすぎないように温風と冷風を調整して乾燥してみてください。
乾燥剤を袋に入れてその中に携帯電話を入れるというのもいいようです。

ドライヤーをかけていると液晶の曇りが消えて、しばらく置くとまた曇ってきます。
それを繰り返し曇りが無くなるまで電源を絶対に入れない。
一番確実で早いのは、エアコンプレッサー。
私の場合、知り合いに歯科技工士がいたのでこれで一発乾燥できました。
プラモデル塗装やネイルアートとかする所なんかでもあるかも?

とにかく湿気のある状態のままだと錆びてきて駄目になるらしいです。
エアコンプレッサーでホコリも取ってもらい全く問題なく使えてました。

まあ私の場合、結果としては半年以上普通に復活して使えてたのでたぶん問題はなかったと思います。
結局新しいモノを試してみたかったわけです。

ということで本題の新しく買換えたW52H。
発売2~3週間くらいの時に機種変で4400円(ポイント未使用)で購入。
結構安いでしょ?
AUは最新機種の機種変が安いからいい。
でも、数年後には今のシステムがなくなるだろうから、そうなるとソフトバンクみたいに割賦払いになるんだね。そしたらたぶん型オチの安いの買うようになるんだろうか・・・。

W52Hの特徴は手ぶれ補正と大容量バッテリーとワンセグと2.9インチ大画面といったところが特徴でしょうか。
W52SAとかなり悩みましたが値段の安さとバッテリーは重要だと判断。
見た目や薄さはW52SAに負けるが、まあ満足です。
スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。